読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DQMSLまったりサイト

DQMSLをまったりと攻略するサイトです。色々な検証記事や攻略記事を書いていきます。

みんぼう「シャンパーニの塔」カンダタ最適モンスター(随時更新)

みなさんこんにちは

あきです

今回はみんぼう「シャンパーニの塔」、カンダタの最適モンスターを書いていきたいと思います。

【基本】
カンダタカンダタこぶんは属性の攻撃をしてこないので、耐性持ちでいくというよりは弱点を責める方が時間が削減できてよいと思います。また、カンダタこぶんがいきなりビッグシールドという通常攻撃と斬撃を回避する特性を持っているので、基本的に呪文で攻める方が効率的になります。

アタッカー:イオ系持ち
ヒーラー:ベホマラー持ち(ピオリムあれば尚可)
補助:まがまがしい光、ぶきみな光

基本的には上記になると思います。今回は物理系は非推奨となります。カンダタは斬撃予測をしてくるし、カンダタこぶんはいきなりビッグシールドなので、今回は物理はやめておいた方が無難です。一度ダークドレアムが魔神の絶技を斬撃予測で全て跳ね返されていて、非常に悲しい気持ちになりました。念のため書いておきますが、カンダタ

1ターン目
メッタメタ切り+通常攻撃+斬撃予測

2ターン目
メッタメタ切り・やいばくだき・魔神切り・通常攻撃から2回+ちからため

3ターン目
メッタメタ切り・やいばくだき・魔神切り・通常攻撃から2回+斬撃予測

という流れが基本だと思います。つまり、奇数ターンは斬撃予測、偶数ターンはちからためを行ってくると想定されるので、物理で行く際は奇数のターンは斬撃をやめておくようにしましょう。

では、最適モンスターを書いて行きたいと思います。

【アタッカー(呪文)】
・べリアル
カンダタはイオが弱点です。イオのコツ持ちであり、MP回復を持つべリアルです。最初から最後までイオナズンを唱えていてもMPが切れることはほとんどないので、今回の最適モンスターの1匹にあげられると思います。道中もイオナズンで行きましょう。

・デスカイザー
べリアルと同じくイオのコツ持ちで、MPが豊富になるので最初から最後までイオナズンを唱えてもMPが切れません。こちらも最適モンスターにあげられると思います。ただ、カンダタこぶんがマインド効果がある武器ふり回しを頻繁に繰り出すのにもかかわらず「魔力かくせい」をやるのは本当にやめてください。どうせMPが余るので、毎ターンイオナズンで大丈夫です。

ゾーマ
アタッカーに物理攻撃系が混じっているのであれば、いてつくはどうでビッグシールドとカンダタのマッスルポーズを消し去ることができるゾーマもありです。消したあとはサイコキャノンをカンダタに向けて打ち続ければ問題ありません。雑魚モンスターに「たたかう」はやめましょう。サイコキャノンを打ち続けてもMPはほとんど切れません。

ハーゴン(新生転生済)
ぶきみな光で全体的に魔法防御を下げたあとにイオグランデでもしておきましょう。正直イオのコツが無いイオグランデはMPに対するパフォーマンスが微妙な気がします。
 
・その他イオナズン持ち
イオナズンは消費MPが大きいので、イオのコツが無いとすぐにMPが枯渇してしまいます。最適ではないですが次点ですね。

・その他バギクロス持ち
カンダタこぶんがバギ弱点なので、バギクロスとぶきみな光を持つアウルートなどはありかもしれません

【補助】
基本的にまがまがしい光かぶきみな光を覚えているモンスターになります。

ハーゴン
ぶきみな光

・ダークサタン
まがまがしい光でカンダタの魔法防御を下げたあと、インテラでパーティの賢さをあげる、またはメラゾーマカンダタに攻撃しましょう

・クラウンヘッド
ダークサタンと同じですが、まがまがのあとはプチマダンテカンダタに。

・ムドー(新生転生済) 
まがまがしい光をカンダタにしたあとに、イオナズン。MPが少ないのでまがまがを最優先にしましょう。メラゾーマが無いとカンダタこぶん戦で仕事がなくなってつらい思いをします(管理人経験済み・・・)。 

【ヒーラー】
基本的に燃費が良いベホマラー持ちで行きましょう。ベホマズンだけやせかいじゅのしずくだけでは一瞬でMPが枯渇してしまいます。 

・ごくらくちょう
ベホマラーピオリムがあれば良い仕事ができます。カンダタカンダタこぶんは物理攻撃のみなので、ピオリムをかければ攻撃があたる確率もさげることができます。

・トワイライトメア
基本はベホマラーです。カンダタ戦では常にベホマラーを唱え続けていても事故防止という観点からよいと思います。 

神鳥レティス
一度しか一緒に出発したことはありませんが、ベホマラーに神鳥の守りと非常にヒーラーとして優秀でした。持っていればヒーラーの最適解かもしれません。

以上になります。

随時更新していきたいと思います。

ではまた。