DQMSLまったりサイト

DQMSLをまったりと攻略するサイトです。色々な検証記事や攻略記事を書いていきます。

【聖なる巨竜】竜神王の試練攻略

みなさんこんにちは。

あきです。

 

実装が開始されてからかなり長い時間が経ちましたが、とうとう聖なる巨竜をクリアすることができました。

 

f:id:dqmsl_dqmsl:20160820114901p:image

クリア!

 

管理人のパーティはあまり参考にならないかもしれませんが、パーティと立ち回りを備忘のために立ち回りを書き残しておきたいと思います。

 

【クリアパーティ】

f:id:dqmsl_dqmsl:20160820114945p:image

<リーダー>

・デスタムーア:星1(イオ盾+7)

ダブルマダンテ、邪悪な祈り、ベホイミ、ザオリク

 

<メンバー>

・マジックアーマー星1(デイン盾+2)

・マジックアーマー無星(デイン盾+7)

ギガマホトラ、スーパーアーマー、はやぶさ斬り、マホカンタ

※2体とも同じ特技です。

・ホイミン星4(MP回復杖)

ホイミ、ベホマラー、ザオリク、リザオラル

・モアイ星2(ヒャド盾+7)

プチマダンテ、まがまがしい光、いてつく眼光、マホカンタ

 

<フレンド>

ホイミン星4(MP回復杖)

ホイミ、ベホマラー、ベホマ、リザオラル

 

【立ち回り】

聖なる巨竜は、残りHPによって行動が変わってきます。

 

<HP満タン~90%>

開始から3ターン目にマダンテが来ます。対策しないと2000超えダメージでサクッと全滅しますので、1ターン目にスーパーアーマーで2段階魔法防御をあげて、2ターン目に防御をして3ターン目のマダンテに備えます。3ターン目のマダンテを耐えた後は6ターン程度の周期でマダンテが来ます。

 

そこで、マジアマのギガマホトラでガンガンMPを吸い取っていきます。1体のマジアマは1~2ターンごとにスーパーアーマーで全員の魔法防御の2段階アップを維持します。攻撃面ではまがまがしい光をいれてプチマダンテで削っていきます。

 

<HP90~40%>

HPが90%程度になると、いてつく波動+竜神の怒りを発動させてミステリピラーを2体呼んできます。この柱がかなりやっかいで、MP回復手段が杖のみであるホイミンのMPを吸い取られると一気に勝率が下がります。

 

最初はいてつく眼光で竜神の怒りを解除し、マジアマでスーパーアーマーを維持しつつ、ギガマホトラで巨竜のMPを削っていきます。柱にそれることもありますが、とにかくMPを吸い取ることが大事です。柱は大防御をしていないほうにプチマダンテを入れていきます。大防御はいてつく眼光で解除可能ですが、まがまがしい光で魔法防御を下げているとそちらも解除されるので注意が必要です。

 

定期的にマダンテが来ますが、その前のターンには「ようすをうかがっている」という行動が必ず入るので、そのターンに全員防御してマダンテに備えます。こちらのHPが低くなっていればホイミンの片方がベホマラーで回復しますが、基本的に全員防御が理想です。

 

かなりちまちま削っていくことになりますが、耐久パーティなのでそこは仕方ありません。

 

<HP40%~>

何度か挑戦してみると、あるタイミングでキラーマジンガとヘルバトラーを呼び、いてつく波動と竜神の怒りを発動させてきます。このタイミングを計るのが最も重要な点になります。ここからは、この仲間呼びのタイミングの前後の動きを詳しく書いていきます。

 

<仲間呼び前>

①巨竜のマダンテ

まず巨竜がマダンテをします。ここからが勝負です。

*この時点であと1回プチマダンテをすると仲間を呼ぶまでHPを削っておきます。

 

②ギガマホトラ

ここから次の「ようすをうかがっている」までギガマホトラをマジアマ2体で連発します。スーパーアーマーは一切やる必要がありません。ひたすらギガマホトラです。

 

③「ようすをうかがっている」ターン

巨竜がようすをうかがっているターンに、プチマダンテでHP削ります。これで次のターンのマダンテの動きだったのが、仲間呼び+いてつく波動+竜神の怒りの動きに強制的に変更されます。

 

④仲間呼びのターン

上の③でHPをうまく仲間呼びの段階まで削ることができると、マダンテではなく仲間呼びを行ってきます。ここでいてつく波動で全ての状態強化、弱体化が解除されるので、このターンにスーパーアーマー2回、いてつく眼光で竜神の怒りを解除、ベホマラーでHP回復で一気に立て直します。ここから運の勝負になります。

 

⑤仲間呼びの次のターン

キラーマジンガのボミオスブレード、ヘルバトラーのイオナズン又はここえるふぶき(かがやく息かな?)、巨竜の攻撃でボコボコになりますが、スーパーアーマーのおかげで1体に集中攻撃が来なければ耐えられるはずです。相手の攻撃のあと、マジアマ2体でホイミンにマホカンタ、モアイでデスタムーアにマホカンタをかけます。ここでマホカンタをかけるモンスターはイオに耐性がないモンスターであれば大丈夫です。ここか次のターンに巨竜はようすをうかがってきて、マダンテが来ます。

 

⑥次の次のターン

ここで運が良ければヘルバトラーがイオナズンを唱えてきます。3体程度にマホカンタをかけていれば反射1回でヘルバトラーを倒すことが出来ます。かがやく息の場合はボコボコになります。管理人のかがやく息最高記録は4連続です。そしてキラーマジンガにまがまがしい光を入れていきます。もしヘルバトラーがイオナズンでなかった場合、マジックアーマーの1体はスーパーアーマー、もう1体はマホカンタを誰かに追加します。

 

ここか次のターンで巨竜がマダンテをしてきますが、かなりのMPを吸収しているのでほとんどダメージを受けないと思います。ちなみに管理人の場合ダメージは「1」でした。

 

⑦上記以降

キラーマジンガにまがまがが入れば、ダブルマダンテとプチマダンテで削っていきます。仲間呼びから巨竜のマダンテがくる周期が短くなるので、マジアマはギガマホトラよりスーパーアーマーを優先させます。余裕があればMPを吸うというイメージです。

 

キラーマジンガを倒すことができればほとんど負ける要素はありません。油断することなく、スーパーアーマーの維持とMP吸収、そしてまがまがしい光とプチマダンテで削っていきます。

 

長くなりましたが、管理人は上記のパターンで聖なる巨竜を倒すことができました。

 

感想としては、マジックアーマーがかなり優秀でした。最も重要となるのが2回目の仲間呼びのときにMPを限界まで吸い取ることだと思います。そうしなければ相手の3体による猛攻撃で一気に壊滅してしまいます。仲間呼び後の1回目のマダンテのダメージをほぼゼロにすることで、立て直しを楽にすることができます。

 

マジックアーマー2体という構成ですが、少しでも参考になれば幸いです。