読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DQMSLまったりサイト

DQMSLをまったりと攻略するサイトです。色々な検証記事や攻略記事を書いていきます。

関西予選ベスト16パーティ紹介:ウェイト100

【闘技場:対人戦】

みなさんこんにちは

あきです

 

今回は第3回最強マスター決定戦において、関西予選のベスト16に入れることができたパーティを詳しく解説していきたいと思います。

 

管理人は対人戦がかなり好きなので、この記事を読んで少しでも対人戦に興味を持つ人が出てくれたらうれしいです。

 

では、さっそくパーティの詳細にうつりたいと思います。

 

【管理人パーティ:ウェイト100】

f:id:dqmsl_dqmsl:20170306194513p:image

※予選の当日は、リーダーがネルゲルではなく、エビルトレントでした。現在はこの順番で対戦を行っております。

 

【パーティ詳細】

1.冥王ネルゲル(新生転生):星4

特技:絶望の大鎌+3、黄泉送り+3、冥府の鎖縛+3、魔瘴弾+3

装備:誘惑の剣+7

スキルのたね:攻撃65、防御35

ネルゲルにはA本を10冊以上気合伝授しています・・・。調整しているとき、冥王の大鎌から魔瘴弾に特技を変更し、それを+3までしたので大変な遠回りをしてしまいました。ただ、斬撃だけでなく単体に大きなダメージを与えることが出来るので、この決断は非常に良かったと思っています。装備は混乱付与の剣。低ウェイト環境だと状態異常が入りやすいので、たまに戦況に影響を与えることができます。なぜか魔王でネルゲルをよく引き、と2枚で4+4にできるのですが、特技をすべて+3にしたのでゴリゲルで運用するかもしれません。

 

2.ツイストーチ:星4

特技:メラゾーマ+3、ミステリーダンス+3、だいぼうぎょ、ベホマラー

装備:冒険者の盾

スキルのたね:防御65、すばやさ35

星4ですが、メラの呪文書と楽園のメラゾーマタマゴでメラゾーマが+3になったため、他の特技を忘れさせてミステリーダンスを+3まで上げて起用しました。こいつが今回の大会のMVPと言っても過言ではない活躍を見せてくれました。基本的にはMPを吸い、HPが減少すればだいぼうぎょでAI攻撃を受ける役割でした。緊急時のベホマラーも非常に優秀でした。装備はMPを吸われたとき用にMP回復盾です。

 

3.エビルトレント:星4

特技:ドルモーア、せかいじゅのしずく、せかいじゅのは、マホトラ踊り

装備:聖なるうろこ

スキルのたね:防御65

こちらも星4ですが、他に耐久力が高いヒーラーもいないため起用しました。基本的に「いのちだいじに」でAIとし、毎ターン復活や全回復をする役割でした。ちなみに特技に+が全くついていないので、4+4がそろったときにためらわずに解体できます(あと2枚です)。こちらはときどきスカラと、装備の特性でときどきマジックバリアがかかるので、かなりの耐久力を持ちます。早く4+4にしたいなぁ。

 

4.げんじかぶと:星4+4

特技:ポイズンブレード+1、ダメージバリア、マインドバリア、ラリホーマ

装備:オーガシールド+7

スキルのたね:防御65

こちらは星4+4です。基本的にダメージバリアとマインドバリア、又はラリホーマをする役割でした。ラリホーマのところをバギクロス(又はギガデイン)にするか最後まで迷いましたが、相手の動きを止めるラリホーマにしておきました。ほとんど状態異常が効かないので、マヒ耐性を付与したキャプテンシールドを装備させてひかりの波動を覚えさせるかもしれません。

 

5.ドラゴメタル:星4+4

特技:みがわり、ベホマラー+2、ひかりの波動、ダメージバリア

装備:キャプテンシールド+7

スキルのたね:防御95

こちらも星4+4です。ダメージバリアを覚えさせ、げんじかぶとがマイバリをする必要があるときにドラゴメタルがダメバリをしていました。また、マ素パーティやシドーパーティの場合に備えてひかりの波動も覚えさせております。装備には呪文ダメージ8%減少の錬金効果を付けております。

 

【基本戦略】

相手に状態異常が通る場合は冥府の鎖縛で行動停止、通らない場合は絶望の大鎌で火力ダウンを狙います。そして相手のキーモンスターに対して、ミステリーダンスでMPを吸い取ります。ドラゴメタルでエビルトレントを身代わり、げんじかぶとでダメバリをはります。対戦相手にマインド攻撃を持つモンスターがいる場合はマイバリとダメバリを併用します。相手の火力によってはツイストーチはだいぼうぎょをする可能性もあります。

 

2ターン目からはネルゲルの秘めたる力が発動するので、ターン数が多ければ多いほど有利になります。相手を冥府の鎖縛でどんどん状態異常にして行動不能にするか、絶望の大鎌で攻撃と賢さを下げて火力を下げを狙います。2ターン目にはツイストーチが2番目とあるキーモンスターのMPを吸い取ります。

 

基本的にはこのような戦略になりますが、勝負相手のパーティ編成によって、いろいろと臨機応変に行動を変更させます。このあたりの読みあいが楽しいですね。

 

ということで、ウェイト100のパーティの紹介でした。

 

ではでは。