DQMSLまったりサイト

DQMSLをまったりと攻略するサイトです。色々な検証記事や攻略記事を書いていきます。

永遠の巨竜の特技を考える

みなさんこんにちは

あきです

 

実装されてからずいぶん時間が経つ永遠の巨竜ですが、竜神の封印というとてつもなく強力な特技を持ち、さらに秘めたる力で偶数ターンでどんどん強化されるという討伐モンスターとは思えないステータスとなっております。みなさんの完成具合はいかがでしょうか。

 

【覚える特技】

そんな強力な永遠の巨竜ですが、みなさんが悩まれるのが巨竜に覚えさせる特技選択だと思います。デフォルトで巨竜を育成するときに覚えることが可能な特技は以下となっております。

  1. かみくだき
  2. たたきつぶし
  3. タナトスハント
  4. しゃくねつ
  5. かがやくいき
  6. 白くかがやく光
  7. 黒くかがやく闇
  8. ベギラゴン
  9. イオナズン
  10. ジゴスパーク
  11. ベホマ
  12. いてつくはどう

これら12個の特技の中から、3つを選択することになります。これは迷いますよね。

 

 

【前提】

まず、永遠の巨竜は現状「闘技場」向けのモンスターだと思います。竜神の封印は非常に強力ですが、クエストではほとんどのボスに効きません。秘めたる力はありますが、強力な単体攻撃はかみくだきやたたきつぶしなど、現在の環境ではそこまで倍率は高くないものとなっています。あえて使用するとすれば、ガルマパーティに組み込んでタナトスハントをするという手段も考えられますが、今回の記事は闘技場目線でのお話になります。

 

【特技選定の前に】

実際に特技選定に入る前に、必ずやっておいた方が良いことがあります。それは「自分の良く使うパーティに足りないところを考える」ということです。というのも、永遠の巨竜は特技の選択肢が非常に広いため、柔軟性が高く、自分のパーティに足りない部分を補うことが出来るためです。そのため、永遠の巨竜を自分のパーティに足りない部分を補うモンスターとして組み込んだ場合、闘技場での厚みがぐっと増すことになります。

 

【特技の性質を考える】

では実際に、覚える特技の性質を考えてみます。

 

1.かみくだき

単体斬撃。確率で攻撃又は防御を下げる。クエストにも使用する場合はあり。メタル系モンスター、エスターク、タップダンス、そして斬撃予測などに弱い。SS装備である真魔剛竜剣を装備させると割と高い攻撃力に伴って強力になります。ただ、闘技場で使用するには少し厳しいかもしれません。

 

2.たたきつぶし

単体体技。確率でマインド。かみくだきと同じくメタルモンスター、タップダンスなどに弱い。真魔剛竜剣を装備させると強力になるが、基本的にそこまで倍率は高くない。強みとしてはエスタークの真・完全覚醒と帝王のかまえを行っていても攻撃を通すことが可能。管理人の1体目の巨竜はこちらを覚えています。

 

3.タナトスハント

単体斬撃。状態異常状態で高倍率。ただし、メタルモンスター、タップダンス、エスタークに弱い。真魔剛竜剣を持たせた巨竜が状態異常やマ素状態のモンスターにタナトスハントをすると必殺の一撃のような強さになる。マ素パーティを組んでいるなら覚えさせる価値あり。

 

4.しゃくねつ

メラ系全体ブレス。魔王系や普通のモンスターでもメラに耐性を持つモンスターが多く通りが悪いため、覚えさせている人は少ない印象。但し、闘技場でかなり見るハーゴンの騎士は弱点、凶スカルゴンは等倍とメインキャラ以外には割と刺さる。オルゴデミーラも等倍のため、オルゴがいると負ける、という人は意外にありかもしれません。ただし、におうだちを覚えるモンスターもメラ耐性持ちが多いため、におうだちを剥がす役割も微妙。

 

5.かがやくいき

ヒャド系全体ブレス。ヒャド系も同じく耐性持ちのモンスターが多いため、こちらもあまり見かけない。クロコダインがヒャド弱点なのでみがわりをしていれば大ダメージを与えることが可能だが、くじけぬこころに追撃を吸収されるので微妙。ゾーマがヒャド無効なのも微妙。におうだちモンスターではメカバーンやマーズフェイスには刺さる。ただ、ゾーマの絶対零度対策に巻き込まれる可能性もあるので相対的に微妙。魔獣パが流行すれば復権の可能性あり。

 

6.白くかがやく光

デイン系全体ブレス。こちらは割と見かける。エスタークやオムドに等倍なので、苦手な人は組み込むのもあり。ゾーマはデイン無効。ドレアムも無効なので、新生次第では苦しい立場になる可能性あり。におうだち要員はメカバーン、てんのもんばん以外には刺さる。

 

7.黒くかがやく闇

ドルマ系全体ブレス。こちらも見かけるようになってきた。ゾーマとエスターク両方に半減で通る。におうだち要員でドルマに耐性を持っているモンスターがほぼおらず、封印を使わずににおうだちしているモンスターを蹴散らしたい場合はこちらのブレスもあり。特にマ素パーティなどでオートリペア持ちのメカバーンが苦手な場合はメカバーン対策として覚えさせておくと対策の幅が広がる。

 

8.ベギラゴン

ギラ系全体呪文。1ターン目に封印、2ターン目に秘めたるで賢さが上がってからのベギラゴンはかなりのダメージになる。ギラ系は魔王系でも耐性を持つモンスターが少なく、さらに装備でギラ系呪文のダメージを27%アップ(錬金効果つき)することが出来るので強かった。デスタムーア・ピサロの速攻パーティとの相性は耐性面で最悪。エスタークの真・完全覚醒やメカバーンにも弱い。ゾーマと共に使用するとマホターンやマジックバリアを使用されて共に封じ込められることもある。管理人の1体目の巨竜はこちらを覚えている。

 

9.イオナズン

イオ系全体呪文。基本的にはベギラゴンと同じ。イオナズンは消費MPがかなり高く、短期決戦向きとなる(ベギラゴンも同じ)。こちらも装備と秘めたるで驚異的なダメージをたたき出せるが、エスタークとメカバーンに弱い。

 

10.ジゴスパーク

ドルマ系全体体技+マヒ効果。巨竜がジゴスパークを使ってくるのを見たことがないのだが、冷静に考えると低ウェイト戦でかなり強いような気がしてきた。現在体技を全体反射できるのは魔王であるドークのみなので、反射されにくいという強みはあり。しかし、ジゴスパークの威力ならブレスのコツもある黒くかがやく闇の方が良いと思うのだが、ジゴスパークを使用している人の動画を見てみたい。

 

11.ベホマ

単体回復呪文。クロコダインがくじけぬ心でをしているときにベホマで全回復されると相当凹む。作戦を「いのちだいじに」にしておいて、傷ついたモンスターを回復しながらAIで攻撃するという戦略も取れる。最後に1対1になったときにベホマを連発しているだけで勝てるという状況もまれに発生する。レアタマゴであるベホマラーやザオリクを付けている人もいるくらいなので、枠が余ったらつけるのも全然ありだと思う。

 

12.いてつくはどう

補助系全体体技。相手の状態異常を除く変化を解除する。いてつくはどうがあると戦略の幅がかなり広くなるので、他に使えるモンスターがいない、かつ特技枠に余りがある場合は付けておいても損はしない。秘めたる力で能力が上がった魔王をもとに戻すことも可能。管理人の1体目の巨竜はこちらを覚えている。

 

【結論】

こういった特徴を持つ特技から、自分のパーティに足りない特徴を持つ特技を覚えさせると良いと思います。環境は色々と変化していくので、特技の付替えや巨竜の複数の運用もありかもしれませんね。

 

【管理人の巨竜】

1体目:たたきつぶし、いてつくはどう、ベギラゴン

第3回最強マスター決定戦に使用した巨竜。当時はエスタークとメカバーンが新生しておらず、ベギラゴンの通りは非常に良かった。現在サイコキャノンの有力候補。

 

2体目:ベホマ、いてつくはどう、タナトスハント

マ素パーティ用巨竜。マ素汚染からのタナトスハントが非常に強力。メカバーンに弱いので、ベホマかいてつくはどうを黒くかがやく闇に変更するか迷い中。

 

皆さんはどのような特技を覚えさせたでしょうか。注意点としては、先に星4を育成してから解体して星4+4にする場合、永遠の巨竜が覚える特技は「竜神の封印」のみで特技転生でもしゃくねつとたたきつぶししか覚えられないという点です。また、Sランクに解体する場合は深紅の巨竜のみしか手に入らないので、先に星4を育成する場合はこれらに注意していただければと思います。

 

ではでは。